あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ポッ・スットン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポッ・スットン

作・絵: 野坂勇作
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「ポッ・スットン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年12月

4才から5才向き
こどものとも年中向き 2005年12月号

出版社からの紹介

あーちゃんが初めて自分で手紙を書きました。おばあちゃん宛のその大事な手紙をポストに入れますが、大雪で郵便の集配の車がなかなかやってきません。心配するあーちゃんのため、ポストは自分で歩き出し、山のおばあちゃんの家を目指して、雪の道を進みます。道々で、意外なものがやってきて助けてくれます。

ベストレビュー

ポストが動く?それだけではなく…

あーちゃんのおばあちゃんへの手紙を、必死になって届けるポスト。
疲れたポストを後ろから押してくれる人、そして動物とは…?
それが誰かと気づいた時は、親の私も「おおっ!」と思ったので、子どもたちはなおさら嬉しかったようです。
やはり初めは気付かず、何度か読んでから気づきました。

「ポッ・スットン」のリズムもいいし、最後におばあちゃんへの手紙をおうちのポストに入れる時の様子も笑えます。
そして、ポストが元の場所に戻って(滑って)いく様子には大笑い。

楽しくて面白い発想のお話だと思いました。
(だかりんさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子5歳)

出版社おすすめ


野坂勇作さんのその他の作品

おばあちゃんのせんたくき / まるくなったまあるくなった / でんちゅう / しもばしら / どろであそぼう / うたえブルートレイン



『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

ポッ・スットン

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット