ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
ふつうのくま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふつうのくま

  • 絵本
作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年11月
ISBN: 9784062072472

B6判 ページ数:78

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ふつうのくまが空をとんだ!
赤いじゅうたんで空をとぼうとするくま。でも、くまの家の床下にすんでいるねずみは、そんなくまのことが心配です。ほんとうの勇気を知ったくまとねずみの物語。

ベストレビュー

低学年向けに書かれてるようですが…。

私が今手にしているこの絵本は図書館で探してきたもので、出版が昭和59年となっている初版ものでした。ですから、表紙絵も少し違います。

ナビで、この絵本の紹介文に『本当の勇気』について描かれている本。みたいなことが書いてありましたが、
私の読んだ印象は、くまとねずみの友情物語。もしくは、「帰る場所」「帰れる居場所」の物語という感じでした。

この作品は絵本というより、絵童話的な泣き方で、低学年くらいのお子さん向けに書かれたのかな?という感じがします。
ただ、内容的には低学年では少し難しいかな?
最初の法の、くまが「赤いじゅうたん」に乗ろうか、乗るまいか悩んで、いつもと違ったことをしたりするジレンマとか、苦悩とかって、低学年や中学年には少し難しいですよね〜?

これって、むしろ中学生や高校生や大人が読んだ方が、くまの気持ちやねずみの気持ちが、ストーンと、胸に落ちてくる気がしました。
とても素敵な物語でした。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

ふつうのくま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット