しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
キャラメルの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キャラメルの木

作: 上条 さなえ
絵: 小泉 るみ子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,524 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784061322998

出版社からの紹介

夏休みに初めてきいた戦争のおはなし
「おばあちゃんはね、むかし、うそをついたの」それは戦争中、物がなかった時代のお話。小学生のしんのすけの胸に、おばあちゃんの言葉がコトリと落ちてきました。

ベストレビュー

逝く人も見送る人も心残りのないように。

とっても可愛らしいタイトルがずっと気になっていた絵本。
でも読んでみたら  
その内容は想像していたものと全く違いました。
キャラメルが食べたいな…
と思っている病床の弟に掛けた言葉。
「にわのあの木 キャラメルがなるんだって。」
弟が亡くなってからもずっと
おばあちゃんの心を締め付けていたのです。
心残りをさせたまま逝かせてしまった…
自分は弟にうそをついてしまった…って
感じてしまったのでしょうね。
その時はきっと 
弟を励ます意味で言った言葉だったでしょうに…。
死んでしまった後の世界の事はわからないけど
逝く人を見送り この世に残る人が
心を痛めて過ごすことの辛さをひしひしと感じました。
そういう意味では
主人公のしんちゃんは 
おばあちゃんの心残りをなくしてあげてから
見送ることが出来て 本当に良かったと思います。
もちろん おばあちゃんも
心の重石を取り払ってもらい
穏やかな気持ちで最期を迎えられたに違いないでしょうね。
悲しい結末ですが
誰にでもいつかは訪れる死について
逝く側と見送る側の 
両方の気持ちを想像させられるお話でした。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上条 さなえさんのその他の作品

ともだちは なきむしなこいぬ / しあわせラ−メン、めしあがれ! / 玉子の卵焼き / ゆうきだよねパンダうさぎ / スーパー・ガールいちごちゃん / 恐竜の名はアンコザウルス

小泉 るみ子さんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!! / あまのじゃくにかんぱい! / まぼろし写真館 / 森の本やさん / ないしょにかんぱい!



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

キャラメルの木

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット