にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おばけのおーちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのおーちゃん

  • 児童書
作: 市川 宣子
絵: さとうあや
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけのおーちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年5月25日
ISBN: 9784834018448

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

 おーちゃんは、桜の花ほどの小さな、まだ子どものおばけです。そんなおーちゃんに”ぼく”が初めて出会ったのは、「おばけ屋敷」の春の庭先でした。おばけは、人間の悲鳴を食べて大きくなって、おばけ恒例の秋の渡りに備えなければなりません。だのに、おーちゃんときたら、泣き虫で、いつまでもウジウジして、人間を脅かすことができません。みかねてつい、ぼくは不動産屋を泊めたり友だちを呼んできたりして、チャンスをつくってやるのですが・・・・・・。甘えるおーちゃん、なぜか放っておけない”ぼく”。
 これは、町はずれのぼろ家に住みついた”ぼく”とおーちゃんの、奇妙だがしかし、ほのぼのとした、心温まるお話です。雲おばけや湯気おばけといった愉快なキャラクターも新鮮です。
 雑誌『母の友』に好評連載された「おーちゃんのはなし」5話と、書き下ろし1話を加えて、ぜんぶで6話を収録。ユーモアあふれる挿絵と、ユニークなおばけの生態(?)が楽しい、ちょっとお洒落な一冊です。


ベストレビュー

かわいいおーちゃん

とっても小さいおばけのおーちゃんと、お人よしの男の子との心温まる?交流をユーモラスに描いた絵本です。おーちゃんがおばけのくせに泣き虫だったり、かわいらしくて、おばけの恐い子どもでも大丈夫だと思います。
(みゆりんママさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 宣子さんのその他の作品

創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん / くじらのくじらん / きょうりゅうがすわっていた / みんなのおばけ小学校 / るいくんとおばけくん / 11月のおはなし どんぐりカプセル

さとう あやさんのその他の作品

ぴりかちゃんのブーツ / ネコの家庭教師 / ペルペルの魔法  / よんでよんで / ようふくなおしのモモーヌ / 紙芝居 もりのおつきみ



0歳から遊べる♪初めてのブロック遊びにぴったりのセット

おばけのおーちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット