ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
しろうさぎな まいにち アランジブックス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろうさぎな まいにち アランジブックス

  • 絵本
作・絵: アランジ・アロンゾ
出版社: 株式会社KADOKAWA

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しろうさぎな まいにち アランジブックス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

子供はいつか大人になってゆく、楽しく切なく過ごした小さい頃の記憶は忘れちゃうかもしれない。「でもたぶんね、いつかおもいだすのよ」と無邪気なしろうさに言ってもらうと、そうかもしれない、と思えてくるキュートでセンチなマンガ絵本。

ベストレビュー

女の子同士

たまひよのキャラクターや、モリゾーとキッコロのデザインを手がけた、アランジ・アロンゾのお二人のまんが絵本です。

この本を紹介するかどうか、ものすごく迷いました。
せっせと大好きな絵本のレビューを書きながら、ずっとずっと頭にあった絵本。
でも、「まんが絵本」なのです。
純粋な、絵本ではありません。しかし…
このテイストは、絵本に他ならない気がしました。
それで、思い切って書かせていただきました。
(他のシリーズは、しっかりマンガだと思います)

天真爛漫なしろうさぎと、思慮深くて、自分に自信があまりないくろうさぎは、とっても仲良し。
楽しいこともあるし、ちょっぴり涙してしまうこともある毎日です。
意地悪な友達に、片割れをけなされたら、もうだまっていられないしろうさぎ。
なんとなくへこんだしろうさぎに、テープの音楽をそっとかけるくろうさぎ。
面白いお話も入っていますが、癒される部分の多い絵本です。

最後、引っ越してしまった友達に、二人で手紙を書く部分があります。
「あのね、らびのことずっとおぼえているとおもう?」
「わすれちゃうとおもう。でもたぶんね、いつかおもいだすのよ」
「それもそうね」
深いなあ、このお話。

幼稚園のお嬢さんをお持ちの方に、ちょっと開いていただきたい絵本です。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

アランジ・アロンゾさんのその他の作品

かわいいもちもの / やだもんわるもの / ごーごー かぱちゃん あらんじあろんぞ こどもえほん / かわいいうさうさ / だいすきくまくん / わるい本



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

しろうさぎな まいにち アランジブックス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット