ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版
イースターってなあに? たまご探しと楽しいパーティー!?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
義経千本桜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

義経千本桜

  • 絵本
作: 橋本 治
絵: 岡田 嘉夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784591088104

小学校高学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

歌舞伎の代表的作品「義経千本桜」を橋本治のわかりやすい現代文と岡田嘉夫の華麗な絵で楽しめる絵巻。

ベストレビュー

桜より、荒々しい海のイメージが強かった。

歌舞伎絵巻シリーズです。
このシリーズどれもとてもすごいのです。
タイトルで分かるように(?)今回は源氏の「源義経」お話。
ただ“千本桜”というタイトルが個人的には解せなかったです。だって、きっと舞台には桜がたっていたでしょうけれど、この物語そのものには、本当に背景の表記としてちょっとばかり描かれているだけで、
作品を読んでいるとき、私の目に強く残った映像はむしろ、荒々しい海の波のうねりと断崖絶壁でした。
桜を描けたのは最後に「川越太郎」が登場するところだけです。

義経が主人公なので、源氏好きの人にはたまらないお話だと思います。
弁慶も登場しますが、大きな犬か熊が若い大将にすっかり懐いて尻尾を振っている感じのシーンばかりで、このお話の中での弁慶はかっこよくないので、そのへんはあまり期待しないほうがよいですよ。

改めてへぇ〜と思ったのは、義経の正妻の「卿の君」と、愛人である「静御前が結構仲がよかったところでした。

歌舞伎の物語がすごいのは、主人公自身の出来事とは別の方向で同時進行している関係者の時間軸もしっかりと絵かがれているところでしょうか。
なので、この物語は源平双方の、その後の人々の様子がとてもよくわかります。
このあたりの時代が好きな歴史好きの人にもたまらないと思います。

今後、機会があったらこのシリーズを中学生や高校生くらいの子どもたちにブックトークしていきたいと考えています。この作品がきっかけで、歴史やお芝居に興味を持ってくれる子どもたちが出てきたら、素敵ですね〜。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


橋本 治さんのその他の作品

橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻全5巻 / 妹背山婦女庭訓 / 国性爺合戦 / 21世紀版少年少女古典文学館(1) 古事記 / 菅原伝授手習鑑 / 勉強ができなくても恥ずかしくない 3(それからの巻)

岡田 嘉夫さんのその他の作品

四谷怪談 / 仮名手本忠臣蔵 / 21世紀によむ日本の古典(20) 東海道四谷怪談



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

義経千本桜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット