話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ひっくりかえる

ひっくりかえる

作・絵: 木住野利明
出版社: すばる書房
  • Line

作品情報

発行日: 1977年

ベストレビュー

デナインに込められた絵本

へそがえるは たびにでた。
ぎらぎら たいようにてらされて  
あたまのてっぺんが あつい あつい

この絵本は、絵が大好きです。絵がお話ししてくれます。とってもカラフルで、また表現がおもしろい!
花や虫や 鳥たち 草や 木 そしてなんといっても ひっくりかえるが金太郎の腹掛けしてゆかいだ。
 虫の好きな、私には、最高に良い  かまきりや、ちょうちょや てんとうむしや その顔がまたひょうきんでおもしろい ゆかい ゆかい と一人笑ってしまう。  

太陽 にとりつかれた、ひっくりかえるさん。
とっても かわいい!

きのこの 表情もいいなあ。 もぐらさんの赤い旗もゆかいだ。

木住野さんは西多摩郡の五日市の生まれ 山歩きが好きなんですね。
私は、京都の東寺の五重塔の近くに生まれ、環境はぜんぜん違いますが、この絵本が好きです。田舎に住んでみたいあこがれは、ずっと持っています。だからこそ
木住野さんに、あこがれるのです。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • バトン
    バトン
     出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    人、もの、自然とのつながりを考える多様性にあふれた物語。
  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本


絵本ナビホーム > > ひっくりかえる

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ひっくりかえる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット