もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
たろのえりまき こぐまのたろの絵本2
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たろのえりまき こぐまのたろの絵本2

  • 絵本
作・絵: きたむら えり
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たろのえりまき こぐまのたろの絵本2」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

◎2013年6月、復刊の予定です。

作品情報

発行日: 1973年03月25日
ISBN: 9784834003840

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から
ページ数 : 40 サイズ:18X18cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おかあさんに赤いえりまきをあんでもらったこぐまのたろは、うさぎのなーちゃんとそりすべりに出かけますが、風でえりまきをとばされてしまいました。動物たちをたずね歩いていくと……。

ベストレビュー

心がぬくぬくする一冊☆

こぐまのたろくんと、うさぎのなーちゃんのお話。

たろくんは、なーちゃんと遊んでいる間に、
お母さんに作ってもらった赤いえりまきを、なくしてしまいます。

そのえりまきを一生懸命さがす二人。
なーちゃんまでが、たろくんのために、
必死にえりまきを探す姿が、
とっても暖かいです。

そして、何回かの挫折?を経て、ようやく発見したえりまき。

えりまきを返してもらうシーンも、
うしさんのためにえりまきを作るシーンも、
なんだか全てがとっても暖かい。

夏まっさかりに読んだ一冊でしたが、
冬に読むと、心がぬくぬくすること間違いなしの一冊です!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたむら えりさんのその他の作品

アレハンドロの大旅行 / おおきな ありがとう / これ なーに? / ぼくのはね / オットーのくちぶえ / 森の学校のなかまたち



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

たろのえりまき こぐまのたろの絵本2

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット