まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おてがみです−あるゆうびんやさんのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おてがみです−あるゆうびんやさんのおはなし

  • 絵本
作・絵: ガブリエル・バンサン
訳: もり ひさし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784892386527


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

上質の映画のよう・・・

 読み終えた時、丁寧に作られた、上質で静かな映画を見終わったような感じがしました。

 年を重ねた郵便屋さんが、「ちいさなゆうびんやさん」と呼ばれていた時のことを、回想し、語ってくれます。

 朝10時に出発し、夜7時まで、ずっと田園風景の中、また街の中を歩いて手紙を届けてまわるのです。あてがあっても無くても、みんなはお手紙を待っています。(子どもたちは、郵便屋さんからもらうキャンディやチョコを!)そして、郵便屋さんが街を通ることが唯一の気晴らしになる日もあるなんて、なんて静かな日常でしょうか。

 みんな郵便屋さんに、とても親切です。ご飯や、飲み物をふるまってくれます。乗り物にも乗せてくれます。郵便屋さんは雨の日も風の日も、お手紙を届けてくれる大切な人なのです。

 効率とは無縁の、今とはかけ離れた時代の話ですが、読んで、心安らぐ気持ちがしました。そこには、人と人との ふれあいがあるからだと思います。

 画家は、一歩引いたところから郵便屋さんの姿をとらえ、デッザンしています。郵便屋さんの姿は景色の中の一部のようです。淡い色の静かな絵ですが、人々の暮らしや、郵便屋さんの仕事ぶりを雄弁に物語っています。
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエル・バンサンさんのその他の作品

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ / くまのアーネストおじさん ラッタカ タン ブンタカ タン / くまのアーネストおじさん こわかったよ、アーネスト / 小天使ブリュッセルをゆく・・・ / くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち / くまのアーネストおじさん セレスティーヌのこや

もり ひさしさんのその他の作品

英語でもよめる 月ようびはなにたべる? アメリカのわらべうた / はらぺこあおむし+ふわふわブック ギフトセット / とびだす! はらぺこあおむし / はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おてがみです−あるゆうびんやさんのおはなし

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

おてがみです−あるゆうびんやさんのおはなし

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット