もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わたしのきもちをきいて 2 手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのきもちをきいて 2 手紙

  • 絵本
作・絵: ガブリエル・バンサン
訳: もり ひさし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「わたしのきもちをきいて 2 手紙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784892386688


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

痛々しいほどに…

私の気持ちが解ってもらえない。
そのために「家出」した女の子の続編です。
両親に自分の気持ちを伝えるために手紙を書こうと思う女の子。
手紙を書こうと思うのだけれど、家の中でも、人が見ているところでも、手紙は書けないのです。
ここまで追い詰められてしまった女の子の心中を考えると、痛々しさに心痛みます。
裏扉に書かれた手紙を読むと、あまりにも「たわいのない」気持ちを伝えるために、これほど女の子が苦しんでいることに、とても複雑な思いになってしまいました。
ただ、昔のようにそばにいてほしい、遊んでほしい、相手にしてほしい。
子どもにとっては当たり前の感情。
親にとっては当たり前のことではありませんか。

女の子が疎外感を覚えたのは何故?
親との距離感に苦しむのは何故?
どんな親なのでしょうか?
この絵本を読むと、多分ごく普通の親なのだと思います。
ごく普通だけれど、どこかですれ違ってしまったふれあいが、気が付けば見えなくなるほどに離れてしまったレールなのでしょう。
ごく普通だけれど、女の子の気持ちを受け止めるゆとり、女の子に安心感を持たせる包容力に問題があったのでしょう。

子どもをここまで追い詰めてはいけない。
手紙を書こうなどと思わなくなったら、もう子どもと心のふれあいを回復させるのは難しい。
これは、親へのメッセージです。
なんだか、わが身を振り返って、考え込んでしまいました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエル・バンサンさんのその他の作品

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ / くまのアーネストおじさん ラッタカ タン ブンタカ タン / くまのアーネストおじさん こわかったよ、アーネスト / 小天使ブリュッセルをゆく・・・ / くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち / くまのアーネストおじさん セレスティーヌのこや

もり ひさしさんのその他の作品

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット / ビッグブック パパ、お月さまとって! / てんじつき さわるえほん こぐまちゃんとどうぶつえん / ぞうはわすれないよ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

わたしのきもちをきいて 2 手紙

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット