大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
モミの手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モミの手紙

  • 絵本
作: ロバート・フロスト
絵: テッド・ランド
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999
ISBN: 9784887470071

出版社からの紹介

 詩人の仕事は、生きる歓びをうたい
時代を先読みすることにあります。
宮沢賢治も金子光晴も茨木のり子も石垣りんも
そしてこの絵本の作者で詩人のロバート・フロスト
(1874-1963・アメリカ)もそうでした。
19世紀に生まれたフロストは、文明がついには
人間を破滅の淵に追いやることを予見し
この手紙形式の物語を書きました。
登場するのは、大地に立つ農夫と
文明の使者・自動車に乗る商人です。
フロストは農夫に「考える」という役割を与えます。
「考える」ことだけが文明を抑制し
人間を破滅に追いやらずにすむ
唯一の「手」であると考えたからです。
絵を描いたのはテッド・ランド。
フロストの物語を深く読んで絵画化し
原作にはない小鳥や馬、犬、猫、家族を
描くことで、物語をいっそう味わい深い
ものにしました。

 山のなかの農家をめざして一台の黒塗りの乗用車が走ってきます。町の商人です。クリスマスツリーになる幼木を買いに来たのだと男は言います。

 農夫が育てているのはバルサムモミの木で、断じてクリスマスツリーなんかにする木ではありません。
 農夫は、友だちに手紙を書き、
自慢のバルサムモミの木を一本丸ごと絵に描いて送ってやりました。

「メリークリスマス
モミの木を一本、同封します。」

ベストレビュー

「考える」ことが唯一の「手」

 町の商人が田舎の山に、クリスマスツリーにするためのモミの木を買いに来ます。物語のはじめから終わりまで、商人はりっぱに育ったモミの木を商品としか見ていないが、山を所有する主人は、モミの木を息子のように思い、モミの木が山に存在することの意味をかみしめ、語りかけています。モミの木であって、クリスマスツリーではない。山に木があるからこそ、他の生き物たちも生きている・・・と、突然木を買いにきた商人とのやりとりで、木についてひとつひとつ考えては、ひとつひとつに自分で答えを出し、最後には、木を売る道ではなく、香りのよい、美しいモミの木を誰かに見てもらいたくなったと、さっそく友だちにモミの木を絵に描いて送る・・・ 子ども、犬、馬、山の景色・・・絵からも、日常の風景が、とても美しく、静かで、しっかり山で生活している感じが読み取れ、山の主人が、普段からどれほど木や山の生活を大切にし、愛しているかが、味わい深く伝わります。ちょっと考えれば、木を切り倒して、丸裸にされた山が、どんなに無惨かわかるのに、どういう立場で考えるかで、守られるものも、得られるものも、全く変わってしまう。もし私が、この山の主人の友人で、モミに木の絵の手紙をもらったとしたら、ありったけの耳をすまして、鳥の声を聴き、自分も自然の一部として生かされていることに、感謝できる人間でありたいと思った一冊でした。
(はまぼうふうさん 40代・ママ 女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ロバート・フロストさんのその他の作品

白い森のなかで

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / おとうさん / くものがっこう / なかなおり



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

モミの手紙

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット