ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
アンパンマンとばいきんまん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンパンマンとばいきんまん

  • 絵本
原作: やなせ たかし
作画: トムス・エンタテインメント
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アンパンマンとばいきんまん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784577031131

3歳から
22×24cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アンパンマン初期の名作を絵本で復刊。アンパンマンとばいきんまん、ライバルの戦いです。

ベストレビュー

絵本の方が素朴でステキ

4歳の娘が図書館から借りてきました。

普段テレビでみることの多いアンパンマンですが、
絵本のアンパンマンは、
テレビほど登場人物も多くなくて、
なんだかとっても素朴でとっつきやすい気がします。

ジャイアントアンパンマンなんて始めてみましたが、
娘曰く、テレビでもみたことがあるそうです。

そして、出発の際にパン工場の屋根を壊してしまったアンパンマン。
なんかこれも絵本ならではだなぁと思いました。

最後はもちろんバイキンマンが負けて「ハーヒフーヘホー」
そうかこれは最初からはひふへほなんだ、とやけに納得した一冊でした。

なんだか絵本の方が、作者のやなせさんの思いが
シンプルに伝わってきて、テレビよりいいなと思いました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やなせ たかしさんのその他の作品

アンパンマンおやすみメロディブック すやすや / アンパンマンおやすみメロディブック ねむねむ / それいけ!アンパンマン スーパーアニメブック(1) アンパンマンとポッポちゃん / アンパンマン ミニシールえほん なかまたち / アンパンマン ミニシールえほん こうえん / おいしいなかまたち

トムス・エンタテインメントさんのその他の作品

パンこうじょうとなかまたち / アンパンマンとコネギくん / パトロールに いってきます! / ピンポーン! だれかな? / アンパンマンとカードでピッ♪ / アンパンマン ミニシールえほん のりもの



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

アンパンマンとばいきんまん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット