十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
岩波少年文庫 長くつ下のピッピ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 長くつ下のピッピ

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784001140149

小学生から
小B6判・並製・カバー・240頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「あしながおじさん」にヒントを得て,作者リンドグレーンの小さい娘が,「ねえ,長くつ下のピッピって女の子のお話を作って」と母に頼んだ.そこで生れたのがこの世界一つよい少女の物語だった.自由ほんぽうに生きるピッピに,子どもは自分の夢の理想像を発見し,大人は愛さずにはいられない野育ちの永遠な少女を見出す.

ベストレビュー

凄すぎる・・ピッピ。

子供の頃は最高に愉快な本でした。
大人になって読んでみたら・・大人になってしまった自分を感じました。ピッピがおこす騒動の数々のあまりの凄さに「あわわわ・・」と
引きつってしまう自分がいました。
こんなに感じ方が変わるなんて。
とくに、小学校とお茶会のエピソードは周りの大人たちが気の毒になりました。
ピッピ・・凄すぎる・・こんな子だったっけ。

でもそんな破天荒な常識破りなところが子どもにはたまらないみたいです。息子は大笑い。
普通なら怒られちゃうようなことをぜーんぶやってしまうんですもの。
それは憧れますよね。
おまわりさん達を困らせたり、先生に「あんた・・!」言い返したり(ここは特に息子大笑いでした!)一人で一日中好きに暮らしたり・・。

でも一人ぼっちのピッピに少ししんみりさせられたり、ほんとは仲良くしたいのに波乱を起こして怒らせてしまうピッピがちょっと気の毒に
なるときも・・。
大人になって気づいたピッピです。

生き生きのびのびと魅力あるスーパー女の子ピッピ。
不滅ですね。
でも近くにいたらちょっと大変かも・・・。
(10月さん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

岩波少年文庫 長くつ下のピッピ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット