貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
1、2、3どうぶつえんへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1、2、3どうぶつえんへ

  • 絵本
作・絵: エリック・カール
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1970年03月
ISBN: 9784032030105

対象年齢 3・4歳から
ボローニア国際児童図書展グラフィック大賞

関連
「ボードブック 1,2,3どうぶつえんへ

30cm×22cm 27ページ

エリックカールスペシャルサイトオープン

おはなし

字のない絵本です。
汽車が走っています。1両めにはゾウが1匹、2両めにはカバが2匹、3両めにはキリンが3匹、4両めにはライオンが4匹・・・。そして10両めには鳥が10羽。
どこへ行くのでしょう?
動物園に着きました。動物達はそれぞれのオリへ。たくさんの人達が動物達を見て楽しんでいます。

みどころ

「かずのほん」とサブタイトルがついているとおり、楽しみながら数の概念を学べる絵本です。汽車の後ろへ行くほどに乗っている動物達の数が増えていきます。各ページの下の方には、汽車の先頭からそれまで出てきた動物達が小さく表示されていて、「ゾウが1匹、カバが2匹、キリンが3匹、ライオンが4匹、で、ほーらクマが5匹ね。」といったふうに楽しめます。エリック・カール独特の美しいコラージュで表現された動物をながめているだけでも楽しくなります。各車両に小さなネズミ(これもエリック・カール作品によくでてきますが)がちょこんと乗っていて、かわいい演出をしています。

出版社からの紹介

子どもの好きな動物達が、汽車で動物園へ行くというストーリーの数の絵本。

ベストレビュー

数字覚えのバイブル!?

娘は今二歳二ヶ月ですが、10までの数字が完璧に解ります。何をするにも早い子ですが、これには親も驚きました。何を隠そう、この絵本のおかげです。無理に教えこもうとした訳でもなく、絵本を見ているうちにすんなりと覚えてしまいました。犬の絵と見て犬だと認識するように、1を見て1だと認識して覚えていったようです。皆さんも試してみてください!
(なぁなさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・カールさんのその他の作品

はらぺこあおむしおふろブック ことばのかくれんぼ / パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち / エリック・カールのイソップものがたり / はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / いちばんのなかよしさん



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

1、2、3どうぶつえんへ

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット