話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

どんぐりぼうやのぼうけん

どんぐりぼうやのぼうけん

作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子
出版社: 童話館出版

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784924938854

ベストレビュー

森の妖精たちの冒険。

森の中に、こんな妖精たちが住んでいるのかと想像するだけで、
ワクワクしてきます。

どんぐりぼうやのオッケとピレリルが、
かしわの葉でひこうきごっこをしていると、
森の外まで飛ばされてしまいます。
落ちたところは、せんたくしたばかりのひげの山の上。
お陰で、4人のおばあさんにしかられ、
お手伝いをすることに。

一方、行方不明となったどんぐりぼうやたちを、
ハシバミのヌッタとリスのスバンスが、探しに出かけます。

次々と木々の妖精や小動物たちが登場し、
次から次へと冒険の物語が進んでいきます。
その豊富な物語に添えるような繊細で素敵な絵が、
また、想像力をかきたててくれます。

冒険を終えて帰ってきたこどもたちに、
リスのスバンスに、かえり道、ずっとしかられていたと聞かされた
おかあさんは、
「そう、それじゃ もういいわ。たすかったわ。
 子どもをしかるのは、一ばんいやなことですものね。
 いろいろ ごしんせつにしてくださってありがとう、スバンスさん。
 下のあいている部屋を、すぐにでも おつかいくださいな。」
という台詞が印象的でした。

妖精や動物好きのお子さんにおすすめ。
絵本としては、登場人物も多く、少し長めのおはなしですから、
長いはなしでもしっかり聞ける4,5歳ぐらいから、
一人読みできるお子さん向きだと思います。
(多夢さん 40代・ママ 女の子11歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

どんぐりぼうやのぼうけん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.06

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら