くるくるかわるねこのひげ くるくるかわるねこのひげ
作: ビル・シャルメッツ 訳: 武本佳奈絵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NY発ねこと女の子の楽しいお話、待望の復刊!
【本好きな子になってほしい!】と思ったら。 定期購読サービス「絵本クラブ」がお手伝いします。 お申し込みはこちらから>>>
もみのき山のお正月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もみのき山のお正月

  • 絵本
作・絵: 渡辺 有一
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もみのき山のお正月」は現在購入できません

作品情報

  • ちょっとためしよみする
  • マイ絵本棚に追加する
  • この絵本のレビューを書く

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784333021741

この作品が含まれるテーマ

もみのき山の山猫一家は、お正月のお餅を用意するのを忘れていました。「お正月が迎えられない!」と大あわて。年が明けて、町のみんなから届いたお年玉は…? 昔ながらの、師走からお正月の情景がていねいに描かれた絵本。

やりがいのある仕事

町の人の為にやりがいのある仕事を持っているお父さんは子供達にも尊敬される偉大なお父さんなのだという事が蔦わてくる絵本でした。毎年お父さんが皆に感謝されて慕われている後姿を見ながら音も出来る子供たちはお父さんが自慢だろうなと思いました。お餅がない!と気がついた両親の顔に私も驚きましたが、そこからの展開がさすがだなと思いました。皆に思われているからこそおすそ分けをしてもらえたのだと思いました。自分の家の分として買った餅をあんなにも沢山一人一人から送ってもらって本当に素晴らしいなと思いました。人と人とのつながりと助け合いを素晴らしい形で絵本にまとめてある貴重な絵本だったと思います。正月を迎える今の時期にピッタリの絵本だったと思います。正月に何をするかという日本の文化も楽しく子供に伝えられる絵本だと思いました。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 有一さんのその他の作品

ギンジとユキの1340日 / ねこまるせんせいとせつぶん / まよなかのたんじょうかい / おはなし おおかみブン / おれは ワニだぜ / ねこまるせんせいの おつきみ



講談社の動く図鑑「MOVE」編集者&映像制作担当者インタビュー

もみのき山のお正月

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

もみのき山のお正月もみのき山のお正月
作・絵:渡辺 有一出版社:佼成出版社絵本ナビ

ノーマル(大)

もみのき山のお正月もみのき山のお正月
作・絵:渡辺 有一出版社:佼成出版社絵本ナビ

シンプル(小)

もみのき山のお正月もみのき山のお正月絵本ナビ

シンプル(大)

もみのき山のお正月もみのき山のお正月絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中