ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おおかみだってきをつけて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおかみだってきをつけて

  • 絵本
作・絵: 重森 千佳
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784577041710

4歳から
20×26cm 32ページ

みどころ

子どもの頃、暖炉の前で、ばあちゃんに絵本を読んでもらった。
絵本の中でオオカミはいつも悪者なんだって。だけど、ばあちゃんが言ってた。本当にこわいのはオオカミじゃなくって、オオカミのおなかをさいて石をつめこんだり、鍋で煮て食っちゃうやつらなんだって!

ばあちゃんからそう読み聞かせしてもらって育ったのは主人公のオオカミ。
今日もおなかを空かせて、こわいやつらに気をつけながら狩りに出かけます。
そこに現れたのは、まるまる太った3びきのこぶたちゃんたち。これはたまりません、美味しそう。しめしめ、でかいの、ちゅうくらいの、ちいさいの!これはまさに絵本で読んだ「3びきのこぶた」じゃないか?オオカミは早速絵本をとりだして、注意深く物語を読み返します。そうそう、絵本によると、このちいさいやつが要注意人物なんだよ!こいつの家に煙突から入ったら鍋で煮られて食べられちゃう。オオカミは、絵本でしっかりと注意ポイントを押さえながら万全の対策を施そうとするのですが・・・。物語は、読者とオオカミの想像をはるかに超える思わぬ展開で爆笑の渦を巻き起こしちゃうのです!なんたって、「3びきのこぶた」から「7ひきのこやぎ」「赤ずきん」たちまで登場してきちゃうんですから。

この絵本がデビュー作となる重森千佳さん。
美しく丁寧に描かれたおとぎ話の世界を舞台に、絵本をマニュアルに、狩りをしようとする弱気なオオカミとオオカミ対策に余念がないたくましい登場人物たち。一度読んだら、ぐっと世界に引き込まれてしまう先の読めないストーリー展開と人間味のある登場人物たちのコミカルでシニカルな表情がなんとも魅力的、何度読み返しても、笑い転げてしまいます。おとぎ話を知ってれば知ってるほど、この面白さは病みつきです。
でも、さすがにちょっとオオカミさんもかわいそうな気がするのですが心配ありません。裏表紙を見ると、もうつぎの獲物を求めて狩りに出かけているみたいですから。
でも、「おおかみだって きをつけて!!」。もちろんその手には絵本がひろげてありますけどね。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

おおかみだってきをつけて

出版社からの紹介

あかずきん、三びきのこぶた、そして七匹の子やぎ… いつだって、おおかみは悪役だけど… そんな悪役にだって、危険はいっぱい!  名作絵本の世界を舞台に繰り広げられる、スリル満点の駆け引きの結末は!?

ベストレビュー

立場変われば・・

絵本の中ではいつもいつも悪役のおおかみさん。
そんなおおかみさんの目線で
「7匹の子ヤギ」「3匹の子豚」「あかずきん」という昔話を引き合いに語った
とても貴重な一冊です。

そういえば子供のころ思いました。
「寝込みを襲っておなかを裂いて、替わりに石を詰め込むって、こわー」って。
狼はおなかがすいたから「食事をした」のです。
なのに・・。

これを感じたことがある方なら
読む進めながら「そりゃそーだよ」と深く頷くはず。

何事も、立場が変わればそれぞれの言い分があるはず。
ぜひ、おおかみさんの言い分に、耳をかたむけてください。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


重森 千佳さんのその他の作品

まんなかのはらのおべんとうや そらのこのおはなし / たからもの みつけた! / まんなかのはらのおべんとうや



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

おおかみだってきをつけて

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット