もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
パンツちゃんとはけたかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パンツちゃんとはけたかな

  • 絵本
作・絵: 宮野 聡子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年12月24日
ISBN: 9784774613659

2,3 歳
200X200mm 28ページ

みどころ

お気に入りのぬいぐるみ、お気に入りのお洋服――みんなもきっとありますよね。ピコちゃんのお気に入りは、くまちゃんの絵がおしりについているパンツなんです。

ピコちゃんは、もう、ひとりでパンツをはくことができます。右足を入れて、左足も入れて、とっても上手! ピコちゃんも満足そうです。
でも、あれれ? なにかがおかしいみたい。くまちゃんの絵がおなかのほうにきているようですね。それを見たお母さんは、「ピコちゃん、パンツがうしろまえになっていますよ」と言います。でも、ピコちゃんの答えは……?

カラフルなパンツがずらりと登場するカバーは、眺めているととっても楽しい気持ちになります。しましまのパンツ、おほしさまのパンツ、みずたまパンツ。みんなのお気に入りはどのパンツかな?
ここにあるパンツ、ピコちゃんはひとりで上手にはけるのに、どうしてお気に入りの1枚だけは、うしろまえにはいてしまうのでしょうか? ふしぎです。ピコちゃんのお母さんと一緒に、首をひねってしまいますね。そして、はき方に隠されたピコちゃんの秘密とは……思わず笑顔になります。

くるくる変わる表情や、愛らしい仕草が魅力的なピコちゃんと一緒に、向きや、足をとおす穴を確認しながらパンツをはいてみたら、とっても楽しそう。パンツトレーニング中のお子さまと一緒に読みたい、ほのぼの心温まる1冊です。

(光森優子  編集者・ライター)

パンツちゃんとはけたかな

出版社からの紹介

ピコちゃんはいろいろなパンツをもっているけれど、くまちゃんのパンツだけは、後ろ前にはいてしまいます。その理由は・・・

ベストレビュー

間違えてもいい

かわいいパンツの表紙に大人の私のほうが胸キュンしてしまいました。
パンツを脱ぐことはできるけど、まだはくことはできないので、タイムリーな絵本でした。

読みながら・・・間違えてもいいんだな、という気がしてきて、これからトイレトレーニングetc.ひかえている子供の親としては、ほっとしました。

裏表紙のパンツをはく歌(?)もなかなか面白く、適当にメロディーをつけて歌ってあげたら喜びました。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮野 聡子さんのその他の作品

いちばん しあわせな おくりもの / ひまつりのちらしずし / あとでって、いつ? / おぞうにくらべ / おひるねちゃんとできるかな / えんそく おにぎり



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

パンツちゃんとはけたかな

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット