だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
きぼうのかんづめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きぼうのかんづめ

  • 絵本
文: すだ やすなり
絵: 宗 誠二郎
出版社: 株式会社ビーナイス

本体価格: ¥1,200 +税

「きぼうのかんづめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月11日
ISBN: 9784905389118

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

大津波で多くのものを失った、石巻の港にある小さな缶詰工場。泥の中から出てきたのは、傷だらけになりながらも流されずに残っていた、たくさんの缶詰で…。石巻と経堂の人のつながりから生まれた希望の物語。

ベストレビュー

「希望」という前向きさ

伊坂幸太郎氏著の『チルドレン』の絵の人?

震災関連のコーナーにありました
「希望」というのは
前向きなのかな?
と、借りてきました

あっ!
あの大きな「大和煮」缶詰のオブジェの?

かなりメディアでも紹介された絵本のようですが
私は知りませんでした
内容的な話で
缶詰を洗って、中味はまったく大丈夫だったので・・・
という情報は耳では聞いていたような・・・

小学1年生のかんたくんの目を通して
震災前・その時・その後の様子が
短いながらよくわかります
食べることについても
「晩ご飯は、ポテトチップス3枚だった。」
ねこの缶吉が泥まみれの缶詰を見つけ
開けて食べた時の
「ウマい!
ボロボロ涙を流しながら食べた。」
は、こどもでもその大変さが
リアルに迫ってくる感じだと思います

人とのつながり
協力
感謝・・・

いろいろな大切なことが
ぎっしり詰まっています
確かに「きぼうのかんづめ」でした
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

きぼうのかんづめ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット