雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ルーシーといじめっこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルーシーといじめっこ

  • 絵本
作: クレア・アレクサンダー
訳: 福本 友美子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年03月10日
ISBN: 9784776406259

5歳から
247×300mm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

絵を描くのが大好きな羊のルーシーは、図工の時間になるとみんなの人気者。
「ほんとうにじょうずだね、ルーシー」
「ルーシー、うさぎ かいて」
だけど、子牛のトミーだけは違いました。
トミーは、そんなルーシーにいじわるをたくさんしてしまうのです。上手にできた工作を足でふみつけ、「だれにもいうなよ!」と怒鳴り、ルーシーの本をやぶったり、描いた絵をくちゃくちゃにして鉛筆を折ったり。

悲しくてもつらくてもお母さんや先生に本当のことを言えなかったルーシー。
いじわるされたルーシーがどんな気持ちでいたかわからなかったトミー。

絵本は、ルーシーの目線から二人の気持ちの変化を丁寧に優しく追っていきます。
自分を中心にまわっていた小さな世界から、学校、社会という大きな世界へ足を踏み入れた時、それまで感じることのなかったいろいろな気持ちが心に生まれてとまどうこともたくさんあるかもしれません。クレア・アレクサンダーさんの描く絵本では、子ども達はそれぞれ相手の気持ちを思いやることに気づきます。そこにはちょっとした勇気とたくさんの希望がいつもあふれているのです。

絵本作家、肖像画家でもある彼女は、一方で絵本作りのワークショップや学校の子ども達を積極的に訪問する現役教師の資格をもつ先生でもあります。そんな彼女が初めて出版した絵本作品。子ども達の気持ちに寄り添った意欲作は、英国でもとても高い評価をされたくさんの感謝のレビューが届いているのだそうです。
ちなみに、みんなが「カラス」だと思い込んでいるルーシーの作った「クロウタドリ」。日本ではあまり耳にしない鳥の名前ですが、黒い体に黄色のくちばしで、英国では"Blackbird"と呼ばれ、ビートルズの歌にもなっているお馴染みの鳥なんですって。

動物たちの登場人物を通して体現する身近な学校での出来事。子どもたちは、大人が言葉で語らずとも、きっとルーシーやトミーの気持ちを感じとってくれることでしょう。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ルーシーといじめっこ

出版社からの紹介

先生にほめられた、工作のクロウタドリをこうしのトミーに壊されてしまったルーシー。おかあさんにも言えず、なんとか直そうとしていましたが…。そのうち、ルーシーのほんが破られ、絵がくちゃくちゃになり、鉛筆が折られ…。それでもだれにも言えず、ルーシーは、どんどんかなしそうな顔になり…。『さかさまになっちゃうの』で、ハンディキャップをもつこどもを描いた芸術作品に贈られるシュナイダー・ファミリー・ブック賞を受賞したクレア・アレクサンダーが、いじめの問題に取り組んだ作品。これが、彼女の絵本第一作。

ベストレビュー

現実的です

いじめがテーマなのかな?
と、手に取りました
大判で
読み聞かせを意識しているのかな?
とも思いました

絵本ナビさんの解説によると

作者さんは、絵本作家、肖像画家でもある彼女は、一方で絵本作りのワークショップや学校の子ども達を積極的に訪問する現役教師の資格をもつ先生でもあります。

とのこと
なるほど!
とても現実場面のように
展開していきます

ルーシーの気持ち
ルーシーのおかあさんの気持ち
いじめっこのトミーの気持ち
一緒に考え、一緒の気持ちになり
心配して、一緒に悲しくなります

でも、大丈夫!
ルーシーは、解決出来るんです
ちょっとした勇気
そして、やさしさ
なんだね

トミーがおかあさんに叱られている様子が
怖い!
おかあさんがこうだから
トミーがいじめっこになっちゃったのかな?
とか
トミーは自信がなかったのかな
とか

おかあさんに心配させまいとするのも
考えさせられます

ルーシーが
「クロウタドリ」にこだわるところが
笑いを誘います

深刻にならずに
友達の気持ちを想像する
一緒に考える題材として
いいのかもしれません

現実でも、こういうふうにいい方向にすすむことを
願いたいです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クレア・アレクサンダーさんのその他の作品

さかさまになっちゃうの

福本 友美子さんのその他の作品

おはよう、はたらくくるまたち / なるほどわかった コンピューターとプログラミング / きれいずき / 「おやすみ、はたらくくるまたち」「よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」ギフトセット / だいすきぎゅっぎゅっ ギフトセット / ふたりはバレリーナ



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

ルーシーといじめっこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット