ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おしゃべりコアラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃべりコアラ

  • 絵本
作: 上崎美恵子
絵: 黒井 健
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おしゃべりコアラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年02月
ISBN: 9784323003986

A5

ベストレビュー

子どものときのわくわくがそのまま

友人の子供の7歳の誕生日プレゼントを、何にしようか迷っているときにこの本を思い出しました。
ちょうど私が7歳の時の誕生日にもらった本です。

主人公の女の子が、ラグビー選手のおじさんからオーストラリアのおみやげにコアラのぬいぐるみをもらう話です。
小さなコアラのぬいぐるみは、オーストラリアのおもちゃ屋さんではお母さんの背中におんぶしてもらっていた赤ちゃんコアラでした。
でも、おじさんのお金が足りなくてお母さんと一緒には買えなかったので、赤ちゃんコアラだけが日本にやってきました。
だから、「さみしいよ」、「おんぶして」、「おかあさん」、と、夜な夜な主人公の女の子にお願いします。

その可愛らしさ、とてもわくわくしたこと、ちょっと怖かったこと、それから、オーストラリアのユーカリの葉を揺らす風が気持ちよかったこと。
今でも鮮明に覚えていました。
引っ越しを重ねるうちにいつの間にか無くなってしまっていたので、自分用も含めて2冊買いました。
手元に届いて読んでみると、あの時感じた風の匂いや、夜中のおしゃべりのちょっと怖い感じも、読み進めるわくわくもそのままで、とても嬉しかったです。

子どもの頃の感性がそのままだったのか、作品のもつ力なのか、どちらにしても、また新しい良い思い出ができました。

卒園して小学校にあがる前後の、絵本でも小説でもない頃の子どもにちょうどいい本だと思います。
(ふかふかさん 20代・ママ 女の子4歳)

出版社おすすめ


上崎美恵子さんのその他の作品

ゆめみるカネじいさん

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

おしゃべりコアラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット