宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くろくまくんの ことばえほん なまえのことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろくまくんの ことばえほん なまえのことば

  • 絵本
作・絵: たかい よしかず
監修: 今井 むつみ
出版社: くもん出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年01月30日
ISBN: 9784774322025

2・3・4歳
ページ数:32ページ サイズ:A4変型判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

かわいく元気なくろくまくんといっしょに、絵さがししたり、声にだしたりして楽しみながら、ことばに親しむ絵本。幼児に身近な約160語の名詞を収録。

家のなかのもの、家のそとのもの、動物、草花、車、食べ物などの幼児に身近ななまえのことばが、かわいい絵のなかで出てきます。いっしょに声に出して楽しみましょう。

また、この絵本では、大きな絵のページで、絵さがしができます。まずは、同じ絵さがしをしましょう。見つけた絵について、親子でその名前についてお話して楽しむことができます。

楽しくて元気、ちょっとおとぼけで人気のキャラクター、くろくまくんと、その家族、仲間たちが繰り広げる世界で、楽しみながら、ことばの意味や使いかたに親しむ絵本です。

ベストレビュー

探し絵もできる

くろくまくんの絵本を娘が気に入っていたので、図書館でこれを借りてきました。
3歳の娘には既に名前を知っている物が多かったのですが、それでも楽しそうに見ていました。
単純に物と名前がずらーっと並んでいるページだけでなく、「くろくまくんの家の中に何があるかな?」と探し絵のように遊べるページもあったのがよかったです。
物の名前に興味を示す出す2歳台に読んであげるとちょうどよかったかなという内容です。
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかい よしかずさんのその他の作品

るるぶ ドキドキ冒険すごろく / くろくまくんのかたりかけえほん いろ / くろくまくんのかたりかけえほん おと / くろくまくんのかたりかけえほん かず / なが〜くのびる しかけえほん とんでった / すきなことのみつけかた

今井 むつみさんのその他の作品

くろくまくんのことばえほん ようすのことば / くろくまくんの ことばえほん うごきのことば



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

くろくまくんの ことばえほん なまえのことば

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット