せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、節分の知識も学べる!
Pocketさん 40代・ママ

豆まきのことをよく知ろう
子どもと一緒に豆まきをする行事として、…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと

  • 絵本
文: 塚本 千恵子
絵: 塚本 やすし
出版社: 東京書籍

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月10日
ISBN: 9784487808731

48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わたし(千恵子)は東京・浅草の洋品店で育ちました。
チーコと呼ばれていました。
兄弟たちは疎開し、父親は戦争にいってしまいます。
1945年3月の寒い、風の強い夜、なんの前ぶれもなくやってきたB29爆撃機の大軍のために、焼夷弾で町中が焼かれ、わたしは母親と、母親が縫って作ってくれた人形をもって、無我夢中で逃げました…
10万人以上が一夜で亡くなった、世界最大の空襲・東京大空襲。
本書は、作者みずからの体験をもとに描かれた、初の本格的な東京大空襲の絵本です。
作者の塚本千恵子が少女時代に体験した、この空襲において、母親の犠牲により一命をとりとめた実体験を、息子の画家・塚本やすしが絵本にまとめました。

ベストレビュー

せんそうはきらいです

せんそうはきらいです。
塚本やすしさんのお母さんの実話です
昭和20年3月10日 東京大空襲のこと
わたしのなまえは ちえこ 6歳です 6人兄妹 お父さんは洋品店をしていて お兄さん達はお父さんの手伝いをしていました
お母さんは 6人の子どもとおじいさんおばあさんの生活を支えていたのです。
おとうさんが戦争に行くことになりました 
ますます戦争が激しくなり みんなは田舎に疎開しました。
お母さんとちえこ おじいさんおばあさんは残りました。   3月10日の夜 アメリカのB29爆弾が無数に東京に落とされたのです
東京の町は火の海となりました(おじいさんおばあさんも爆弾で死んでしまいました)
火の海の中 おかあさんとちえこは逃げましたが・・・・ちえこに焼夷弾がおとされました。   お母さんはちえこの上に覆い被さって守ってくれたのです
母親の必死の姿 (ちえこはお母さんが作ってくれた人形を大切に持っていました)
お母さんは自分の命に代えても我が子を守ったのですね

真っ黒焦げになったお母さんを見たちえこ   熱い真っ黒焦げのお母さんに抱きつき  大声で泣きつずけました
どんなに 悲しかったことでしょう
この本を読んで 涙がでて仕方ありませんでした

この話は実話です  塚本さんは お母さんから戦争の話を聞いてこの絵本を作られました
二度とこんな悲しい戦争は起こしてはなりません
塚本さんの強い気持ちがこの絵本から感じられます
私は戦争が終わってから生まれましたが  このお話を今の子ども達にも読んであげて戦争のこわさ 二度と戦争を起こしてはならないことを言い伝えます!
それが 私に与えられた役目のように思っています   
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

塚本 やすしさんのその他の作品

がんばるぞう / とうめいにんげんのしょくじ / 戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」 / いのりの石 / うんこ / いきものとこや



困っているぼくのところに本物の神様が!

せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット