なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ボタ山であそんだころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボタ山であそんだころ

  • 絵本
作: 石川 えりこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月
ISBN: 9784834080759

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
28×23cm/40ページ

出版社からの紹介

炭坑の町に生まれた「わたし」は、友達のけいこちゃんとボタ山を登ったり、黒い川を飛び越えたりして遊んでいました。ある日の授業中、炭坑のサイレンが鳴り響きました…。

ベストレビュー

炭坑暮らしの記憶

昭和四十年の頃の生活をイメージするのは、大人でも難しいと思うのですが、この絵本の舞台はその頃の炭鉱の町。
危険と隣り合わせの生活は、ぼた山と石炭でくすんだ風景、飾り気のない素朴な住まいに包まれていたのですね。
炭鉱のガス爆発事故で、多くの子どもが 父親を失ったことを思うと心痛みます。
あの頃の子どもたちは今はどうしているのでしょうか?
炭鉱の町は、もうすっかり様変わりしているのでしょうね。
歴史に埋もれていくものを、再認識させられました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

石川 えりこさんのその他の作品

またおこられてん / てんきのいい日はつくしとり / あひる / おばけのナンダッケ(3) はじめてのともだち / おばけのナンダッケ(2) わすれもののおつかい / おばけのナンダッケ(1)



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

ボタ山であそんだころ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット