なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
わんぱくだんのひみつきち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱくだんのひみつきち

  • 絵本
作: ゆきのゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月18日
ISBN: 9784893258939

25×22cm 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「ひとりだったら、けん・ひろし・くみ。3人集まれば、わんぱくだん。」
こんな素敵なフレーズですっかりおなじみ、「わんぱくだん」シリーズ。3人が集まると、なぜかいつも不思議なことが起こるのです。あれ?最新作19作目のはじまりはくみが一人で歩いているようですが・・・。

くみが向かった先は近所の空き地。誰もいないことを確認すると、草でつくった小さな小屋に向かって言うのです。
「ちきゅうわんぱくだん 1ごうです。」
「はいれ!」
扉があいて、中から顔を出したのはけんとひろし。あー、やっぱり3人一緒だ。
今回、彼らわんぱくだんがつくったのは、秘密基地。小さな机や灯りだってあります。だけどちょっと狭くない?
「おっほん、しょくん、むこうに ひろい へやがあるのを わすれたかね?」
だんちょうのひろしが自分で描いたドアの絵を押してみると・・・本当に開いちゃった!!
気がつくと、3にんは猫の姿に。どうやら、どら猫軍団の秘密基地につながっていたようなのです。
そこにやってきたのが、服を着て言葉を話すどら猫たち。一体これから何が起こるというのでしょう。3人はどんな騒動に巻き込まれていくのでしょう?

「秘密基地」、そう聞いただけでワクワクしてしまうのは、誰もが一度はつくった経験があるから?たとえそれがどんなに小さくたって、家の中にあったって、やっぱり自分だけの秘密の場所というのは特別です。仲間と一緒につくれば、さらにその特別感は増していきます。
でも、それだけで終わらないのがわんぱくだん。いつも身近にいるけど、何を考えているかはわからない猫たちの世界に行ってしまうのですから、これは興味津々です。どら猫たちと飼い猫たちの言い分、一体どんな話をしているのか聞いてみたくありませんか?

絵本を読み始めれば、いつでも日常の中のちょっと不思議な空間に迷い込むことができる。それこそこのシリーズの魅力です。またまたお気に入りの1冊にくわえてみてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

わんぱくだんのひみつきち

出版社からの紹介

冒険ファンタジー絵本「わんぱくだん」シリーズ19作目は、わんぱくだんの3人が猫に変身!そしてどら猫に迫られ大ピンチ!!

草ぼうぼうの空き地に、わんぱく団の3人が小さな秘密基地を作りました。「秘密基地って楽しいわね」「でも…ここ狭くない?」そう言ったとき、突然基地の奥に大きな部屋が出現。そして、3人は気づくと猫の姿になっていたのです。そこに現れたのは、服を着て言葉を話すどら猫たち。大きな部屋は、どら猫団の秘密基地だったのです!どら猫団の仲間にされてしまった3人は、その夜、町中の猫が集まる会議に参加します。議題は、「わが町の猫は、泥棒をしてよいか悪いか」どら猫たちは「泥棒してよい」に賛成。そして、わんぱく団にも鋭い目つきで賛成するように迫ります。さあ、どうする?わんぱく団!!

ベストレビュー

巻き戻して読んでたのしい

わんぱくだんシリーズ大好きな5歳の娘と読みました。

今回は「ひみつきち」、大人に内緒で合言葉まで用意して、
本格的なひみつきちに「楽しそう〜♪」とワクワクの娘ですが、
今回迷い混んだ先は猫の世界。

泥棒はいいことか、わるいことか。をめぐる、
のらねこチームと飼い猫チームの熱い闘い。

「わるいことだ!」を選択した三人は偉かったけど、
泥棒しないと生きていけない野良猫のことを考えると、
なんだか複雑な気もしました。

飼い猫チームの中にはどうやらくみちゃんの飼い猫もいたらしく、
そのくみちゃんの猫を探すのがなかなか楽しかったです。

そしてどうやら会議の司会をしていたのは、
いつものクロネコ? 

なんだかしかけがたくさんで、
何回も巻き戻しが楽しめた一冊です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

ゆきのゆみこさんのその他の作品

わんぱくだんの まほうのじゅうたん / わんぱくだんのどろんこおうこく / わんぱくだんのペンギンランド / ねんどママ おつきみしたよ / わんぱくだんのスナバさばく / ゆきあそび

上野 与志さんのその他の作品

ふたごのどんぐり / でっかいたまごとちっちゃいたまご / おおきいおうちと ちいさいおうち / 大きな大きな絵本 あかまるちゃんとくろまるちゃん / わんぱくだんのなつまつり / なきむしおにのオニタン

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのてるてるぼうず / くすのきだんちのあきまつり / ぼくのマルコは大リーガー / やまねこせんせいのこんやは おつきみ / くすのきだんちのなつやすみ / やまねこせんせいの なつやすみ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

わんぱくだんのひみつきち

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット