だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
おべんとどうぞ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おべんとどうぞ

  • 絵本
文: 真木 文絵
絵: 石倉 ヒロユキ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「おべんとどうぞ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月07日
ISBN: 9784893258984

250×250mm 24ページ

みどころ

♪ぼくは おいしい おべんとう
なかみが たっぷり つまってる
だれに たべて もらおかな?

こんな歌声が聞こえてきたら・・・? しかもいいにおいといっしょに。
もちろん飛び出していっちゃいますよね!
青いふたのかわいいおべんとくんが散歩していると、つぎつぎ森の動物たちがあらわれるしかけ絵本です。

まずはうさぎさん。「くんくん とってもいいにおい!」
ぴょこんと顔をだしたうさぎさんは、おべんとくんに「おべんと どうぞ すきなの どうぞ。」
ぱかりとふたをはずしてもらって大喜び。たまごやきをぱっくん。
おむすび、ウィンナー、たまごやき、ブロッコリー。どれもおいしそうだから、選ぶのに迷っちゃう。
しまりす兄弟、小鳥さんたちが選んでおべんとくんの中身はへっていきます。
そのとき森の奥からどすんどすんと足音が響いてきて・・・?

作者があとがきでこんなふうに書いています。
「見慣れたおかずでも、お弁当箱に詰めると、特別のごちそうに見えるのはどうしてでしょう?」
そうそう、お弁当って魔法みたいですよね。
森の動物たちのように、一つのお弁当をわけあって、いっしょに食べたら魔法はさらにパワーアップ!
みんな大好きなお弁当。お子さんといっしょに「どれにする?」なんて選びながら、しかけ絵本を楽しんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

おべんとどうぞ

おべんとどうぞ

出版社からの紹介

<しかけ+食べ物の魅力いっぱいの絵本>おべんとくんが歌いながら森にやってくると、「くんくん とってもいいにおい!」しげみの向こうから声がして、うさぎさんが顔をだしました。うさぎさんはおいしいそうに、おべんとくんに入っていた卵焼きを食べました。りすや小鳥もやってきて、ウィンナーやおにぎりを食べました。そのとき、森の奥からどすんどすんと音を響かせてやってきたのは、大きなくま。もう、小さなブロッコリーしか残っていません。大丈夫!? おべんとくん!!

ベストレビュー

魔法の箱☆

あとがきにもありましたが、いつものおかずが小さな箱に詰められるだけで、なぜか特別なモノに変身!お弁当箱ってほんと魔法の箱です。

そんなウキウキお弁当を、みんなで分け合えば、美味しさ倍増!
かわいいどうぶつ達と、ちょっとした仕掛けで、ウキウキ感がさらにUP!!

お弁当って、いくつになっても特別なモノ。
年齢に関係なく楽しめる一冊だと思います♪
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真木 文絵さんのその他の作品

トコトコとこちゃん / オオカミから犬へ! 人と犬がなかよしなわけ / 〈とうもろこしから〉そだてる オムレツ / 〈野菜から〉そだてる カレー / 〈お米から〉そだてる おにぎり / 〈大豆から〉そだてる みそしる

石倉 ヒロユキさんのその他の作品

日本の伝統野菜 / 育てて、発見!「ジャガイモ」 / 育てて、発見!「ゴーヤー」 / やさいのともだち / 育てて、発見!「トマト」 / おこさまランチ いただきま〜す



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おべんとどうぞ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット