おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オッベルと象
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オッベルと象

  • 絵本
作: 宮澤 賢治
画: 小林 敏也
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月03日
ISBN: 9784769023098

5歳くらいから
30.5×20.7cm 46ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

印刷に使用する紙やインクに趣向を凝らし異国情緒あふれる本に仕上げました。押し寄せる象の迫力に圧倒されます!グララアガア!

オッベルと象

ベストレビュー

オッベルが白象をこき使うやり方のひどさ

宮沢賢治のお話には、彼の理念が伝えられています

この オッベルと象のおはなしも オッベルは百姓を使い羽振りが良い
しかも 金持ちで ビフテキや雑巾ほどあるオムレツをほくほく食べる
この表現が何とも 贅沢な人間を比喩していて心に残ります
稲こき小屋になぜ? 白象が現れたのか? ここはなんとも不思議ですが
ずるがしこいオッベルはうまいこと言いくるめて この白象をこき使うやり方が なんともいえない。 象の足に鎖を付けたり(400キロもある分銅を靴の上からはめ込んだり)
象もはじめは 言いなりになっていたが   働かされて 食事の藁も減らされてこんな こき使い方ってやっぱり ひどいな〜
象も だんだん 分かってきて「苦しいんです。 サンタマリア」と神様に祈るのですね
象の涙を見たとき 本当にかわいそうに思いました
そして 仲間の象たちに 手紙を書くのです いつも見ていたお月様が 教えてくれたのです!

仲間の象たちは「オッベルをやっつけよう」と助けに来てくれたのです!
オッベルはピストルで象を撃ち抵抗するのですが・・あたりません
象たちの迫力が勝ります
白象は 仲間に助けられるのです「ああ、ありがとう ほんとうにびくはたすかったよ」
仲間のありがたさ 
人間オッベルのやり方のひどさが 対比されて どう生きたらいいかを 賢治は伝えたのでしょうね!

遠山 繁年さんの 迫力のある油絵が 効果的で オッベルのずるい顔
象たちの迫力が お話を盛り上げていました!

賢治の読みやすいお話でした。(高学年なら 自分で読むのもいいと思います)
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮澤 賢治さんのその他の作品

猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐 / 蛙の消滅

小林 敏也さんのその他の作品

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 / どんぐりと山猫 / かしわばやしの夜 / セロ弾きのゴーシュ / やまなし / 雪わたり



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

オッベルと象

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット