もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
3歳のなあに?クイズのりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3歳のなあに?クイズのりもの

  • 絵本
監修: 榊原 洋一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月28日
ISBN: 9784062689717

ワイド判/63ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

なあに? で深まる言葉の理解

3歳児はものの名前だけでなく、色や大きさ、機能などの特徴を、言葉と結びつけて理解する能力が飛躍的に高まる時期です。
(監修者:お茶の水女子大学大学院教授 榊原洋一)

コンセプト「親子のふれあいで育てる、ことばのちから」です。
まず、身近なものの名前をたくさんおぼえることをめざします。
具体的には、3択の指さしクイズです。タイトルにあるように、「○○なのは、なあに?」と子どもに、あるのりものの特徴を問いかけて、指さしで選ばせ、さらにその名前を答えさせます。筆記用具不要で、いつでもどこでもできます。
次の見開きで正解ののりものについてくわしく説明する、というパターンをくりかえします。

3歳になると、細かいパーツや内部の様子など、部分的な特徴から全体を類推して、正解の写真を選んだり、名前を言ったりすることもできるようになります。クイズにそのような要素を取り入れることで、会話のバリエーションもいっそう豊富になります。
そんな成長を感じながら、この絵本をきっかけに、お子さんの興味に寄り添って親子で対話を楽しんでください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


榊原 洋一さんのその他の作品

3歳のえほん百科 / 4歳のえほん百科 / 1歳のどっち?クイズ たべもの / 3歳のなあに?クイズどうぶつ / ディズニーキッズてんつなぎ(2歳・3歳・4歳)学研わくわく知育ドリル  / ディズニーキッズめいろ(2歳・3歳・4歳) (学研わくわく知育ドリル)



>絵本エイド ―こころにひかりを―

3歳のなあに?クイズのりもの

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット