ゆびたこ ゆびたこ
作・絵: くせ さなえ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
今度1年生になるのに、指しゃぶりがやめられない私。ぜったいやめたいのに…。ある日突然、親指のユビタコがしゃべった!?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
みんなぼうしをかぶってた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなぼうしをかぶってた

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 木坂 涼
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みんなぼうしをかぶってた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784883301492

出版社からの紹介

 電話も車もめずらしく、消防車を馬が引いていた1916年、街の人たちはみな、お巡りさんも泥棒もお猿さんも帽子をかぶっていた。著者スタイグの少年時代の記憶が、ニューヨークの下町のなつかしいの風景を描きます。

ベストレビュー

スタイグの遺作

「ピッツァぼうや」や「ロバのシルベスターとまほうのこいし」などを書いたスタイグ。
彼の作品には「子供からはそんな見方があったんだ」といつもドキッとさせられたり、
ハッと気づかされたりします。
2003年に亡くなった彼の遺作がこの作品だそうです。

「1916年、ぼくは8歳だった。」彼が子供のころを回想した作品で、
アメリカの古きよき時代が描かれています。
彼自身がこどもの頃感じたいろいろな気持ちを持ち続けていたからこそ、
子供が共感するような目線での作品を創りだせたのでしょう。
子供の頃は絵描きか船乗りになりたかったスタイグ。
最終ページは写真とともに
「絵描きにはなれて、船乗りにはとうとうなれなかった」
と記されています。
ちょっぴりホロリとさせられました。
彼の作品が大好きな息子もだまって興味深そうに聞いていました。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

くぎになったソロモン <新訳> / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / ピッツァぼうや / おとなってじぶんでばっかりハンドルをにぎってる

木坂 涼さんのその他の作品

ぼくたちのプレゼントはどこ? / おばけのかくれんぼべんとう / ちょうちょのために ドアをあけよう / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / ぜったいいぬをかうからね / おなじそらのしたで



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

みんなぼうしをかぶってた

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット