雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
また あえたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

また あえたね

  • 絵本
作: デヴィッド・エズラ・シュタイン
訳: さかい くにゆき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月30日
ISBN: 9784591129197

出版社からの紹介

それは、こぐまの生まれた年のこと。ある日、葉っぱがひらひらと落ちてきました。そのうちに、赤い葉っぱも、黄色い葉っぱも、つぎつぎと落ちてきます。こぐまは落ちてくる葉っぱをつかまえては、枝に戻そうとします。そのうち、どうしたわけだか、こぐまはだんだんねむくなってきました。季節のめぐりと、命のめぐりを、あたたかく、音楽のように美しい言葉でつづる絵本です。

ベストレビュー

春と再会したよろこび

ラフなタッチの絵なのですが、動きがあって、
雰囲気がよくでている感じが好きです。
はじめて冬を迎えるくまは、
秋になって、葉っぱが色づき、落ち始めると
病気になったのだと心配になりだします。
なんとかしようとやっきになり、やがて途方にくれる
クマの様子がよくわかります。
クマは眠くなり、落ち葉を敷き詰めた穴の中のベッドで
眠りに落ちます。
やがて春、冬眠から覚めた時
新芽を見つけた時のくまの喜びが伝わってきます。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デヴィッド・エズラ・シュタインさんのその他の作品

モンスター はぐハグ / いいこで ねんね



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

また あえたね

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット