たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
鉢の木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鉢の木

  • 絵本
文: たかし よいち
絵: 石倉 欣二
監: 西本 鶏介
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月30日
ISBN: 9784591089460

出版社からの紹介

雪深い里の一軒のまずしい家に僧が宿をたのんだ。主人はあたたかい火をと大切な鉢の木を薪にしたのだった。有名な謡曲の物語。

ベストレビュー

(群馬県)佐野に伝わっていた伝説。

挿し絵を担当されているのは石倉欣二さんです。日本の昔話の挿し絵をよく手掛けていらっしゃるので、物語の中の世界観はとても素敵でした。

監修は西本啓鶏介さんです。
あとがきによると、
このお話はもともと佐野の伝説として語り継がれていたものらしいです。
そこから江戸時代に浄瑠璃になったことで有名になったんですって。
(わたしはこの作品を読むまで全く知りませんでした…)

舞台の時代は鎌倉です。登場人物の中で、実在していたのは落ちぶれた主人公の貧しい家を訪ねてきた修行僧(実は北条時頼=西明寺入道時頼)のみ。
「鉢の木」というタイトルのわりに鉢の木たちは物語の冒頭ですぐに火にくべられてしまいますが、そういうところが日本人の心にくるのかもしれません。
見ごたえのある時代劇と思って読んでも面白いです。
寒い時期、小学校の高学年以上のお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかし よいちさんのその他の作品

そらとぶガムガム / 新版 なぞとき恐竜大行進 メガロサウルス / 新版 なぞとき恐竜大行進 (8) アパトサウルス ムチの尾をもつカミナリ竜 / マイアサウラ 子育てをした草食竜 / アロサウルス / 妖怪伝(3) 鬼

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ

西本 鶏介さんのその他の作品

さんびきのくま / あかずきん / ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ / しあわせなおうじ / はだかのおうさま



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

鉢の木

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット