だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
きつねの花火
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねの花火

  • 絵本
文: 那須田 稔
絵: 久米宏一
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「きつねの花火」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

むかし、ある村にこけし作りの若者がおりました。ある晩、母の形見の大切なこけしを盗まれてしまいました。

ベストレビュー

母親という存在

どろぼうに母親の形見のこけしを盗まれた男。
この男にとっては、こけしそのものの価値や、今の生活などは、まったく関係ないほど、大切なものなんだなって思いました。

母の思い出のつまったこけしを半狂乱で探し続ける男。
大人になっても変わらない、母親の存在の大きさみたいなものを感じました。
そしてそれは、どろぼうも同じというところが深い…。

このお話のタイトル、きつねの花火。
野原の神さまに向かって思わず、「ちょっと、ちょっと…」とツッコんでしまいました(笑)
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


那須田 稔さんのその他の作品

ハルウララ / 偕成社文庫 ひめゆりの少女たち

久米宏一さんのその他の作品

南総里見八犬伝  / ブーちゃんの秋 / 紙芝居 なぞなぞむこどん / ぼくらは機関車太陽号



ハッピーなおやすみのえほん!

きつねの花火

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット