もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
かえるのつなひき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるのつなひき

  • 絵本
作・絵: 儀間 比呂志
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1972年

こどものとも 1972年6月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

村の田んぼに害虫が発生したので、王様は村人に稲を全部焼き払えと命令します。これを聞いたカエルたちは大綱引きのお祭りをして、害虫を退治する計画を立てました。カエルたちは、縄をない、旗頭を作り、太鼓の皮をはり、はては2本足で立つ稽古もして、祭りの準備をします。稲を焼くという日、村人の前に何百匹、何千匹のカエルが現れて……。沖縄の勇壮な祭りをカエルを主人公にして描きます。

ベストレビュー

民話って面白い

沖縄の昔話らしいですね。
いつの間にか子供が持ってきて父親と一緒に読んでいました。
少し時間が経ってから私が読んだのですが、その物語の面白さと沖縄の独特の方言に引き込まれてしまいました^^)
お勧め!オススメ!!

田んぼの稲に悪い虫がついたからと島のおうさまが村の田んぼを全部焼き払えと命令します。
それを聞いたかえるが「ちゃすがやー」(どうしよう)と物知りかえるに相談にいき、おまつり騒ぎをすれば虫がおどろいて水に落ちて死ぬと・・・

このお祭り騒ぎが必見で!村人はおろかそらから見ていた雷も飛び入り参加したくなるほどの すごーい【大綱引き大会】なのです=☆”
絵本の締めくくりの言葉も 沖縄弁で「とう うっさ。」(はいこれだけ)だなんて 洒落ていると思いませんか?

線のはっきりした切り絵風の作風もこのお話にぴったりですよ^^)V
(さえさんさん 30代・ママ 男の子3歳、女の子1歳)

出版社おすすめ


儀間 比呂志さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねむりむし じらぁ / 飛びアンリー / りゅうになりそこねたハブ / やんばるのカメさん / わらしべ王子 / 赤牛モウサー



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

かえるのつなひき

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット