もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おでかけ くまさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おでかけ くまさん

作・絵: たるいし まこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「おでかけ くまさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年12月

10ヵ月から2才向き
こどものとも0.1.2. 2005年12月号

出版社からの紹介

よく晴れた気持ちの良い日。丸太小屋から、くまのお父さんが出てきました。釣りざおを持ってお出かけです。次にくまのお母さん、そしてこぐまも出かけて行きました。くまの一家が出かけてしまうと、のんびり穏やかな時間が流れます。優しいパステル画で、くまの家族の一日を描いた絵本。

ベストレビュー

持ち寄り精神

お父さん、お母さん、男の子のくまの親子の話です。
それぞれ、いってきまーすと出かけていきます。帰ってくる時は、こぐまはりんご、お母さんはさつまいも、お父さんは鮭を取って帰ってきます。
みんなで仲良く分けて食事をします。
りんごは四等分して、残りは窓際に遊びにきたコトリさんに分けてあげています。色々と芸が細かい絵本になっています。
みんなで持ち寄って、仲良く分けて食べるという良い話。

面白いのは時系列に進んでいるものがあることです。
ページ毎に、かたつむりは家を少しずつ進んではっているし、家の外に咲いているタンポポに止まろうとして、飛んで行くてんとう虫。
このへんは2歳以降じゃないとわからないかもしれないけど、読んでいる私はその細かさに興味を持ちました。
色々と面白い絵本です。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

たるいし まこさんのその他の作品

おたんじょうび、もらったの / ぼくのなかのほんとう / おかあさんのおべんとう / あなたこそたからもの / わすれたって、いいんだよ / おはなし カイとナツ(あるふたごちゃんのものがたり)



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

おでかけ くまさん

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット