貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
わたしのひよこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのひよこ

  • 児童書
文: 礒 みゆき
絵: ささめや ゆき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月31日
ISBN: 9784591134665

出版社からの紹介

ガマンすれば、ともだちになれる? ムリヤリ笑えば、ともだちでいられる? オシャレでかわいい憧れのクラスメートと頑張ってともだちになったけれど、むりが続いてきゅうくつになり、心が落ちつかないひな子。そんなひな子をいつもなぐさめてくれたのは一匹のひよこだった。ずっと一緒にいられるって思っていたのに…。現実と理想の自分像のなかで揺れうごく少女の心…。ともだちと命という、欠かせないふたつを抱きしめた作品。

ベストレビュー

辛いお話

娘が題名で手に取ったものを、娘より先に読んでみました。
クラスの憧れグループに入ろうと、あれこれ悩む女の子が主人公です。その為に犠牲にしてしまったのが……。
辛いお話です。動物好きにはやりきれない結末だと思います。
こんな事にもう4年生から悩むのか、どの位の年齢から感情移入して読むのだろうかと、親目線ではそんな事にもハラハラしながら読み進めました。
でも「本当の自分について悩んでいる子」にとっては、教科書のような本になりうるでしょうね。毎日小学校に行っていた時の憂鬱な気持ちを、思い出せました。
(繭実さん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


礒 みゆきさんのその他の作品

紙芝居 「おかしも」はかじのおやくそく / ちいさいきみとおおきいぼく / カーリーさんの庭 / 紙芝居 じぶんで! / 紙芝居 おひさまなっとうたまごでげんき / 日本名作おはなし絵本 つるのおんがえし

ささめや ゆきさんのその他の作品

かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / さっ太の黒い子馬



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

わたしのひよこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット