宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
新ほたる館物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新ほたる館物語

  • 児童書
作: あさの あつこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「新ほたる館物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2008年03月31日
ISBN: 9784591101605

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

老舗旅館・ほたる館では、今日も、女将と若女将が陽気に「口喧嘩」。女将の孫娘・一子は、そんな明るい家に育つ元気な女の子だ。親友の雪美ちゃんやちょっと気になる柳井くんと一緒に、この春、6年生になる。イベントで町全体がにぎわう中、特別室に突然の予約が。おばあちゃんの曇った表情が気にかかる一子だったが・・・。

ベストレビュー

ほたる館のミステリー

ほたる館シリーズは、各巻ごとに味わいが違うのですが、4作目は同じ設定、同じ登場人物でミステリーを盛り込みました。
あさのさんの技が光っています。
子どもの世界と大人の世界の間で、無銭宿泊があったり、タヌキ事件があったり、あれこれと急がし楽しい物語です。
本当はその後のほたる館にとても興味があるのですが…。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

にゃん!鈴江藩江戸屋敷見聞帳 / くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

新ほたる館物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット