大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
くわずにょうぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くわずにょうぼう

作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,068 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784333015610

出版社からの紹介

けちんぼの七べえさんは、飯を食わない嫁が欲しいと願っていると、飯は食べませんと可愛い娘が嫁にきました。5月5日、端午の節句に、菖蒲湯に入る由来話。

ベストレビュー

菖蒲の魔よけ

ちょっとユーモラスなよめさんの絵ですが、実はよく見ると山んばなんですね。赤坂三好さんの絵は、怖いと言うよりおもしろい。(ごめんなさい)
でも、それでだまされちゃいけない。
内容は、とっても怖かった。(娘談)

行事むかしむかし・五月(節句のはなし)と、副題がついていたので、今の季節にぴったりと思って借りてきました。
こどもの日といえば、武者人形を飾ったり、こいのぼりをたてて祝うことが知られていますが、この季節、菖蒲湯につかって、家や身体につく邪気を祓ったりします。
このお話は、そのとがった菖蒲の葉が、山んばを追い払ったということが書かれていて、その由来を教えてくれました。

このように、日本独特な風習や慣わしは、絵本などを通じて子供達に教えていくことは大切だと思うし、しっかりと伝えていきたいと思っています。

文句いい娘の一言・・・七べえさんは助かったけど、(次のページに)七べえさんがいないじゃん。どこ、いったの?(いきなり)子供達がいるし。わかんない。

確かに話のつながりかたが、娘にわかりづらかったのかな。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷 真介さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記12 キリスト / 4さいからの豊かな心を育てるお話 / ふしぎな黒イヌ / あわてんぼうのニワトリねえさん / ヒツジのおやこのおくりもの / 赤ちゃんをまもったサル

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / はだかの王さま / おもちのすきなヘビのおふじ / たまごから生まれたウマ / リュウのむすめとおいしゃさん / イノシシとお月さま



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

くわずにょうぼう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット