貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくがバイオリンを弾く理由
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくがバイオリンを弾く理由

  • 児童書
作: 西村 すぐり
絵: スカイエマ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月31日
ISBN: 9784591105337

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「うそだ……」バイオリンコンクールの審査結果がはりだされた掲示板に、カイトの名前はなかった。(審査員にアピールする、わざとらしい演奏をしなければダメなのか……)絶望したカイトは、バイオリンをやめる決意をする。しかし、1枚の楽譜と出会ったことから、カイトの運命は大きく動きだした―― 少年バイオリニストの、ひと夏の成長物語。

ベストレビュー

少年バイオリニスト

コンテストで本選へすすめなかったのをきっかけにバイオリンをやめようとする少年のお話。
幼くてもしっかりバイオリニストだなーと思いました。
サッカーをする音楽家ってなんだかちょっと珍しいイメージでした。
周囲からもバイオリンの腕は認めてもらっているようだし、親にも応援されているし、本人もなんだかんだでバイオリンのことを忘れられないようだし、幸せな子だなーと思ってしまいました。
かっこいい男の子なイメージです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

西村 すぐりさんのその他の作品

ぼくの、ひかり色の絵の具

スカイエマさんのその他の作品

恋の話 迷宮の王子 / アサギをよぶ声 そして時は来た / アサギをよぶ声 新たな旅立ち / タイムストーリー 3日間の物語 / 少女探偵月原美音 / 迷宮ヶ丘 六丁目 不自然な街



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

ぼくがバイオリンを弾く理由

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット