貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
チームひとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チームひとり

  • 児童書
作: 吉野万理子
絵: 宮尾 和孝
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チームひとり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784052032011

272頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

広海と大洋はふたごの兄弟。卓球のダブルスでは、新聞の取材が来るほどの評判だったが、転校をきっかけに、兄の大洋は卓球をやめてしまう。広海は、持ち前の明るさでキャプテンの純とダブルスを組んで勝ち進むが、次の年コーチは意外なことを広海につげる…。

ベストレビュー

自信家だけど…

「チームあした」で純とダブルスを組んだ広海が今度は主人公です。
前作と被るシーンもありますが、主人公が違うので目線が違ったところも面白かったです。あの時、広海はこんなこと考えていたんだと思いました。広海くん、純くんのことも双子のお兄ちゃんのことも大好きですね!
「チームふたり」で主人公だった大地がオール5の成績をとったり、中学卓球で思った以上に活躍しているのに感心しました。できる子ですねー。
自信家な広海の弱点…うーん、たしかに言われてみればと思うものでした。
広海・大滝コーチVS大地・純のダブルス対決が見られますよ。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉野万理子さんのその他の作品

ライバル・オン・アイス 3 / ライバル・オン・アイス 2 / オレさすらいの転校生 / ライバル・オン・アイス 1 / いい人ランキング / あまからすっぱい物語 2 おとなの味

宮尾 和孝さんのその他の作品

ぼくのつばめ絵日記 / 小学館ジュニア文庫 夢は牛のお医者さん よろこびもかなしみも夢になる。 / ひみつの校庭 / お昼の放送の時間です / 角川つばさ文庫 プレイボール(3) ぼくらのチーム、大ピンチ! / パオズになったおひなさま



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

チームひとり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット