ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
海の深み ステフィとネッリの物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海の深み ステフィとネッリの物語

  • 児童書
著: アニカ・トール
訳: 菱木 晃子
出版社: 新宿書房

本体価格: ¥2,000 +税

「海の深み ステフィとネッリの物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784880083964

46判/272頁/上製

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

コルチャック賞受賞作品。スウェーデンの人気児童文学作家の代表シリーズ、4部作の第3作。ウィーンのユダヤ人姉妹、ステフィとネッリがスウェーデンへきて4年目の春。母国の両親はテレジン収容所へ送られ、連絡も途絶えがちに。そんな状況の中、ステフィは将来を夢み、イェーテボリの女子中学で学ぶ。だが、島に残るネッリは実の両親を思いやることができない。離れ離れで心の通わない妹を気にしながら、高校進学をめざすステフィ。家族、友情、民族、戦局の行方……。さまざまなことを思い、悩みながら、大人への階段をかけあがる。異国の地で、多くの人々とふれあいながら、姉妹はそれぞれ、たくましく成長する。

ベストレビュー

大人になっていくこと

ドイツを取り巻く戦況は悪化し、中立の立場であるスウェーデンでも大陸続きなので戦争の影響があったことが背景として語られています。

成績優秀であるステフィですが、高校進学のための援助については厳しいことがわかります。

この頃のスウェーデンでは小学校で教育が終わりということも珍しくなく子ども時代が短いことを思いました。

ステフィ、マイ、ヴィーラ、新しい登場人物としてステフィと同じウィーンからやってきたユダヤ人のユディスか加わります。

同じ年齢の少女たちの進路や生き方もさまざまで、時代や環境に翻弄されるものあり、抗い続けるものありで。

特に同じユダヤ人であり、ユダヤ人であることを常に意識し生きるユディスの生き方はまっすぐではあるものまっすぐさゆえの生きづらさを感じました。

またこの巻からは思春期に入りだしたネッリについても詳しく描かれるようになりました。

大人になっていくことは少なからず痛みをともないます。自分で決めたことに責任を持つというのもその一つでしょう。

ステフィが自分の道を切り開くためにとった一つの行動は?多くは書けませんが、ステフィとネッリの成長していく姿、二人を取り巻く環境、大人になっていく二人の悩み・葛藤が丁寧に描かれていると思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アニカ・トールさんのその他の作品

大海の光 ステフィとネッリの物語 / ステフィとネッリの物語(全4巻セット) / 睡蓮の池 ステフィとネッリの物語 / 海の島 ステフィとネッリの物語

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

海の深み ステフィとネッリの物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット