だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
コミック版 世界の伝記 アンネ・フランク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コミック版 世界の伝記 アンネ・フランク

漫画: 若宮 あずさ
監修: 高橋 数樹
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月30日
ISBN: 9784591125540

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

戦争中ユダヤ人というだけで隠れ家生活をしながらも、希望を失わずに明るく生きた少女、アンネ。平和を願い、自由を夢みた、わずか15年の人生を描きます。

ベストレビュー

アンネ・フランクというひと

アンネ・フランクといえば『アンネの日記』ですが、この本は日記の内容ではなく、アンネ・フランクがどんな人で、その頃はどんな時代だったのかを描いたものでした。

世界大戦で、世界中が不穏な空気に包まれていた時代。
さらに、ユダヤ人だというだけで迫害を受ける理不尽な状況下にもかかわらず、アンネは優しく強く明るくて、本当に健気な少女だなって思いました。

アンネの人物像はよくわかりますが、『日記』のそのものは殆ど印象に残らず、少し残念でした。

とはいえ、娘はこの本を読んでアンネに魅力を感じ、『日記』も読みたくなったようなので、結果的には良かったかなと思います。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

コミック版 世界の伝記 アンネ・フランク

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット