貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくいえでするんだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくいえでするんだい

  • 絵本
作: にしむら ひろみ
絵: 末崎 茂樹
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥903 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくいえでするんだい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 1989年
ISBN: 9784333014491

出版社からの紹介

お母さんに叱られたてっちゃんは、三輪車に乗って初めての家出をします−−。いろいろな体験を通して、子どもの心の成長を描きます。

ベストレビュー

頼もしいてっちゃん

てっちゃんはおかあさんに叱られたので家出を決心しました。荷物をリュックに入れて・・・。三輪車ででかけたてっちゃんは、近所の人に声をかけられます。家でのことを話すとみんな「がんばれ」と応援してくれるのではりきるてっちゃん。そのとき 野良犬が正面からやってきました。どこかのおばちゃんが犬を追いやってくれててっちゃんはどうやって犬を追いやったのか聞くと「うろうろしていると いえにかえれなくなっちゃうよ。っていってやったのよ。」とおばちゃんは言いました。てっちゃんは自分のことを言われてると思って急いで帰ろうとしたとき会社帰りのお父さんと出会ったのでした。そして、お父さんとお風呂に入って「てっちゃん つよくなったぞ」ってお父さんは言いました。現実にありそうなことなので読んでいてとてもおもしろかったです。

(たまっこさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


にしむら ひろみさんのその他の作品

どのきのしたにあつまるの / ふしぎなレストラン

末崎 茂樹さんのその他の作品

おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / くすのきだんちのあきまつり



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぼくいえでするんだい

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット