だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
さいしゅうれっしゃのあとで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいしゅうれっしゃのあとで

  • 絵本
作: 市川 宣子
絵: 柿本 幸造
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784893252975

23×21cm・40頁

出版社からの紹介

「どうぞのいす」でおなじみ柿本幸造の絵本
山の駅はもう冬が間近。最終列車を見送った駅長さんは、遠くから近づいてくる列車の音に気がつきました。
あわてて合図をして止めると、止まった列車に乗っていたのは、木枯らしや雪だるまたちでした。
小学館児童出版文化賞受賞作家、市川宣子が冬の到来をイメージ豊かに描き出したファンタジー。
やさしく詩情あふれるイラストは、ほんわかと心をあたたかにしてくれます。

※月刊保育絵本として繰り返し子どもたちに読まれてきた作品を市販化しました。

ベストレビュー

冬が楽しみ

どこかであり得ることではないか?と思わされた絵とお話しです。冬が来るのが楽しみになりました。こがらし、こなゆき、ゆきだるま。豪雪の地方ではありがたくないことかと思いますが、冬の風物が不自然ではなく描かれていると思いました。帰りにははるかぜやれんげのはなを連れて帰ってくる…。暖かくてすてきだなぁ〜と思いました。

くるはずのない列車に対して、「気をつけて」と声をかけた駅長さん。柿本幸造さんの絵本は絵が何よりていねいで、ユーモアも感じられて大好きです。

保育者のたまご達にも好評でした。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 宣子さんのその他の作品

くじらのくじらん / きょうりゅうがすわっていた / みんなのおばけ小学校 / るいくんとおばけくん / 11月のおはなし どんぐりカプセル / あまやどり

柿本 幸造さんのその他の作品

ママのもちつき / ママははなよめさん / ひだまりをつくるひと 柿本幸造 絵本画集 / おおかみと 七ひきのこやぎ / おはなし チムとターク / ごんぎつね



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

さいしゅうれっしゃのあとで

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット