おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
Little Selections あなたのための小さな物語(2) 安楽椅子の探偵たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Little Selections あなたのための小さな物語(2) 安楽椅子の探偵たち

  • 児童書
編著: 赤木 かん子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

現場に行かずとも話を聞いただけで謎を解いてしまう「安楽椅子探偵」。そんな魅力的な名探偵達の活躍ぶりを収めた、珠玉の作品集です。ベン・ヘクト「十五人の殺人者たち」、ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」、フィリス・ベントリイ「登場人物を探す作者」、天藤真「多すぎる証人」の、4編を収録。

ベストレビュー

考える力が鍛えられる物語たち

これを書いている私は、探偵小説やミステリーなどは苦手です。
登場人物が3人以上いると、もう誰が誰だか、どういう関係なのか、覚えておけなくなって、更に込み入った事件が発生したりした日には、完全にお手上げです。
そのため、普段は長編ミステリーはまず読みません。

しかし、この短編集は、そんなミステリー音痴にも読みやすくできています。
4つの話が入っていますが、どれもタイプが違う、個性的な物語で、
最期まで興味をもって読み切ることができました。
外国の話が3つ、日本の話が1つ。
外国の話は、行ったことがない海外の、分化や人の感じ方・考え方の違いを楽しめました。
「登場人物を探す作者」(作・フィリス・ベントリイ)のお話が、一番、印象に残りました。この話は、他の作品と違って、2つの話が同時に進行して、最後に思いがけない結末を迎えるという話の作りがお洒落でした。
出てくる人物のセリフやしぐさなどが、昔の外国の、今とは違った社会のありかたや物の考え方を空想させてくれて、タイムトリップしたような気分です。

一番最後に収められた日本人作家の作品「多すぎる証人」(作・天藤真)は、1990年代を思わせる実にリアルな作品。生活感があり、人物が本当に目の前に生きて動いているような躍動感が感じられました。重度の脳性麻痺の少年が、事件の解決の助けとなるという設定も、斬新です。

推理もの、ミステリーものを読んでみたいけど、ハードルが高いと感じている人なら、年齢を問わずおススメしたい一冊です。(小さい子どもには、ちょっと難しいかな)
文章の中に難しめの言葉があったり、言い回しが時代が買っていたり、文学的な表現が多いので、読解力が鍛えられます。ちょっとした読書のトレーニングになると思うのでので、挑戦してみてはいかがでしょうか?
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


赤木 かん子さんのその他の作品

もっと知りたい ウメ・モモ・サクラ どこがちがうかわかる? / もっと知りたい チューリップ / もっと知りたい イネ / もっと知りたい タンポポ / もっと知りたい アサガオ / もっと知りたい ヒマワリ



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

Little Selections あなたのための小さな物語(2) 安楽椅子の探偵たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット