宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
Little Selections あなたのための小さな物語(16) クリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Little Selections あなたのための小さな物語(16) クリスマス

  • 児童書
編著: 赤木 かん子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「Little Selections あなたのための小さな物語(16) クリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

出版社からの紹介

クリスマスの日に起こる、とびきり素敵な奇跡の物語や、しみじみと幸福感が残る感動的な物語を集めました。ジョン・ラッツ「生きたクリスマス・ツリー」、キャサリン・パターソン「マギーの贈り物」、J.M.ヴァスコンセロス「わんぱく天使」、アン・デ・キィール「三びきめの羊」、ピーター・ラヴゼイ「クレセント街の怪」、アガサ・クリスティー「水上バス」の、6編を収録。

ベストレビュー

英米のクリスマスの雰囲気を体験できる、6つのお話。

【内容】
・「生きたクリスマス・ツリー」 ジョン・ラッツ 1989年収録
・「マギーの贈り物」 キャサリン・パターソン 1979年収録
・「わんぱく天使」 J.M.ヴァスコンセロス 1969年収録
・「三びきめの羊」 アン・デ・キィール ※詳細不明
・「クレセント街の怪」 ピーター・ラヴゼイ 1989年収録
・「水上バス」 アガサ・クリスティー 1934年収録
(赤木かん子 解説より)
「クリスマスとは自分がやってきたことをふりかえり、反省したり確認したり人を許したり、の一種の総ざらえの日」
いろいろな立場の人たちが、クリスマスを迎える物語。

【感想】
キリスト教文化の影響の強い地域では、クリスマスは単なるお祭りではなく、かなり重いテーマをはらんでいることが伝わってくる。それぞれの短編を通して、登場人物たちの人生の断片を知るだけだが、その人たちの過去や未来も描かれているような気がする作品ばかり。人の人生の意義を考えさせられる。
個人的に一番好きな作品は、「三びきめの羊」だ。これは、女子パウロ会の本の中で見つけた作品という以外は情報がないらしい。クリスチャン向けに書かれた物語か、神の素晴らしさを伝えるために書かれたのか、わからないが、信仰があるが故の悩み苦しみや喜びが描かれていた。クリスマスが、宗教行事であることを一番強く感じさせる作品だ。
私は日本の商売熱心なバカ騒ぎといった印象のクリスマスは好きではないが、外国の宗教行事としてのクリスマスや、各家庭にしっかり根付いた文化や習慣としてのクリスマスは、真摯な思いが入っていて好きだ。たまには真面目に教会に行ってみてはいかがだろうか、と自分に尋ねている。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


赤木 かん子さんのその他の作品

ともだちって どんなひと? / もっと知りたい ウメ・モモ・サクラ どこがちがうかわかる? / もっと知りたい チューリップ / もっと知りたい イネ / もっと知りたい ヒマワリ / もっと知りたい タンポポ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

Little Selections あなたのための小さな物語(16) クリスマス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット