新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
うなぎのうーちゃん だいぼうけん

うなぎのうーちゃん だいぼうけん

  • 絵本
文: くろき まり
絵: すがい ひでかず
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

「うなぎのうーちゃん だいぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年06月20日
ISBN: 9784834081046

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜
ページ数:36
サイズ:26X27cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

続きを読む
うなぎのうーちゃん だいぼうけん

出版社からの紹介

南の海で産まれたうなぎのうーちゃんは、潮の流れに乗り日本にやってきます。海から川へと上るうなぎを狙って、漁が行われます。ここで捕獲されたシラスうなぎを養殖したものを、私たちは普段食べているのです。漁から逃れたうなぎは川を上り、川で5〜10年近く暮らします。様々な試練を乗り越え、再び海へ戻るうなぎの大回遊の物語。うなぎを通して、現代社会が抱えている環境や資源の問題なども感じていただければと思います。

ベストレビュー

こんなに遠いところから

この絵本は、ウナギを食べ物としてでなく生き物としてその一生がどういうものなのか教えてくれるとても興味深い絵本でした。
遠い南の海で卵からかえり、とっても小さな体で半年かけて日本の陸地の近くまでやってくるというところにまず驚きました。そして、1年たってもまだ鉛筆くらいの大きさというところにもびっくりでした。10年目に再び川から南の海へ向かって泳ぎだし、産まれた海で卵を産んで一生を終えるというウナギの一生を見て、なんだか、今までおいしいおいしいと食べててよかったんだろうかという気にもなってしまいました。
食べ物としている生き物を生き物としての視点で見てみるってけっこう大事なことだなとこの本を読んで気づきました。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,300円
5,324円
1,650円
1,540円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
660円
385円
715円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

うなぎのうーちゃん だいぼうけん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら