新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

いちごばたけのちいさなおばあさん

いちごばたけのちいさなおばあさん

  • 絵本
作: わたり むつこ
絵: 中谷 千代子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年11月
ISBN: 9784834009637

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

いちご畑の土の中に住んでいる小さなおばあさんの仕事は、いちごに赤い色をつけることでした。ある年、春はまだなのに暖かくなって花が咲きはじめたので、おばあさんは大忙し。地中の奥深くから水を汲みあげてお日さまの光を混ぜ、石の粉を入れて赤い水を作ると、せっせといちごの実を染めていきましたが、雪が降ってきて……。身近な自然の不思議を感じさせるファンタジーです。

ベストレビュー

本当にそうなのかもと

温室でない畑のいちご。五月初旬頃が食べ時で、毎年いちごを摘みに畑に行きます。驚くことに、前日までは白かったいちごが次の日には赤く色づいています。

いちごって不思議だなあと思っていました。

その秘密は、ちいさなおばあさんが、色をつけていてくれたからです。って、そんな訳ないですが、これを読むと、いちごの赤の秘密が本当にそうなのかもと思えてくるから不思議です。

温室でない路地物のいちごが食べたくなりました。早く春がこないかな。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,320円
2,200円
1,708円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
1,650円
715円
1,320円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

いちごばたけのちいさなおばあさん

みんなの声(75人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら