新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
さけが よんひき

さけが よんひき

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 喜湯本 のづみ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

「さけが よんひき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年09月10日
ISBN: 9784790252962

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
207×279mm/24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

一人暮らしのおばあさんが、川の近くの畑で野菜を作っています。夏になって野菜がちょうど食べごろになると、誰かが野菜を持っていってしまいます。おばあさんが不思議がっていると、畑にあらわれたのはカッパでした。おばあさんは起こりもせず、河童をやさしく見守ることにしました。

ベストレビュー

不思議なタイトルの意味

独り暮らしのおばあさんの育てた野菜を4つづつ取っていくかっぱ。
犯人がわかるまでのおばあさんの想像と、やっとわかった犯人の姿がユーモラスで、和んでしまいました。
どうしていつも4つなのでしょう。
さけがよんひきのタイトルの意味が最後にわかるのですが、かっぱの家族の姿は、おばあさんの想像ですよね。
喜湯本のずみさんの絵に、話の雰囲気を持っていかれたように思いました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

さけが よんひき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら