話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

もうひとつの屋久島から 世界遺産の森が伝えたいこと

もうひとつの屋久島から 世界遺産の森が伝えたいこと

著: 武田 剛
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年03月19日
ISBN: 9784577046258

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
四六版  192ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

2018年、屋久島が日本で初めて世界遺産に登録されて、25周年を迎えました。
いまでこそ、世界自然遺産の冠がつく屋久島ですが、じつはつい40年程前まで、島の至る所で、広大な原生林が伐採されていたのです。それを止めるきっかけをつくったのが、50年前の「縄文杉発見」のニュース。ここから、島内外で屋久島の自然を守る活動が始まりますが…。
徹底した取材力で定評のある、朝日新聞の元記者が、移り住んだ屋久島で追い続ける、「もうひとつの屋久島」の姿。

ベストレビュー

世界遺産屋久島がよくわかります。

小5の息子が学校の図書室で見つけて読みました。
25年前に世界遺産に登録されたそうですが、
私はその直後に屋久島に縄文杉を見に行きました。
まだ観光客が押し寄せてはおらず、
とてもいい環境で縄文杉を見ることができました。

この本は、朝日新聞の元記者が、
屋久島に移り住んで、徹底的に取材したルポ。
取材力がすごいです。
南極やグリーンランドに行ったルポもあるのですが、
どれもこれもおもしろさがハンパないです。
親子で武田さんの本にハマっています。

屋久島は、世界遺産に登録されるまでは、
環境のことなどほとんど考えずに伐採をしていたこと。
過去の歴史や特殊な自然、人々の文化などもよくわかりました。
この本、小学生のうちに読めたら、幸せです。
私も、もう一度、屋久島に行きたくなりました。
行く前に必ず読むべし。って本です。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,650円
1,694円
4,950円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
880円
1,980円
440円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

もうひとつの屋久島から 世界遺産の森が伝えたいこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら