新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
えほん遠野物語 おしらさま

えほん遠野物語 おしらさま

  • 絵本
原作: 柳田 国男
文: 京極 夏彦
絵: 伊野 孝行
出版社: 汐文社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年05月
ISBN: 9784811324791

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「いろいろなおしらさまが、いろいろな暮らしの中にいる。」 馬と娘が愛し合って夫婦になった。許されない恋の結末は......? 男女一対の神像「おしら様」には、さまざまな不思議な話や悲劇が語り継がれている。イラストレーター伊野孝行が自在に描く、全く新しい「おしら様」がここに誕生!

ベストレビュー

おしらさまはすごい神様です。

おしらさまって、他の地域でいうところの「お蚕様」の事かと思いきや、この遠野ではそれだけではなく、馬の神様であり、一軒一軒の家を守る家の神様でもあって、その家の今後のことを占ったりするらしいです。
ただ、馬や人型をした神さまの人形をどのようにすると占いが出来るのかは紹介されていませんでしたので、詳細は分かりませんが、遠野の家々では、おしらさまに言われたことを守らないと大変なことになったらしい、というのは伝わってきました。

短いセンテンスのお話がショートショートで紹介されていました。
高学年以上のお子さんたちになら読み聞かせ出来そうです。
わたしは、最後の話「竹原という家の話」が一番面白かったです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,980円
880円
1,650円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
880円
880円
880円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

えほん遠野物語 おしらさま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら